水素を全身に取り込む方法|体の内側から綺麗になりましょう|水素水のすごい効果

体の内側から綺麗になりましょう|水素水のすごい効果

水素を全身に取り込む方法

入浴

水素を溶存した風呂に入る

水素水をそのまま飲むよりも効果的なのが水素風呂であり、より多くの水素を体内に取り込むことができます。水素には優れた抗酸化力があり、活性酸素を抑えることで肌をスベスベにする美肌作用を発揮します。最近肌の調子が落ち着かないという方は、水素を溶存させた水素風呂に20分程度浸かって、肌細胞に水素を浸透させていきましょう。なぜ入浴時間が20分かというと、20分で血液が全身を巡ってまんべんなく温めてくれるからです。身体を温めることは免疫向上につながり、健康と美容の両面で効果的なのです。不健康・体調不良が気になる方は、冷え性や低体温症の方が多い傾向があり、平熱を上げることで解消することが多々あります。免疫力を上げるためにも毎日水素風呂に浸かって、夜は早めに就寝するようにしましょう。

身体の芯まで温めよう

水素はアレルギーやアトピーにも効果的なので、肌が敏感な方・乾燥しやすい方も水素風呂を活用してください。水素風呂に入浴するときの湯温はぬるめに設定し、身体の芯まで温めるようにしましょう。湯温が高いとのぼせるので、肌が温まりますが身体の心まで温浴効果は及びません。身体に毒素が溜まっている方も疲れやすくなるため、水素風呂に入ってデトックスをしていきましょう。入浴自体にもデトックス作用がありますが、水素風呂を活用することでさらにその効果が高まります。水素は足浴にも使用できるので、全身浴を利用できない方は活用するといいでしょう。毒素は足から排出されるので、足浴を20分行えば足が軽くなるのを実感できます。毒素が蓄積してきたら身体が重たくなるので、定期的に水素水を使用した足浴をしてください。